自動車に過度に依存しない、歩いて楽しいまちを目指す「たかつきこまち」のページです。

提言


「たかつき交通まちづくり研究会」は、高槻市内外の行政・交通・自転車・まちづくりに関わる専門家や市民等が集まり、「クルマに出来るだけ依存しないまち」をこの高槻で実現しようと情報収集や調査、分析、検討、提案等の活動を行っています。研究会ではこの「クルマに出来るだけ依存しないまち」を目指して、下記の5つの方針のもと、活動を行っています。



  1. 市民生活に必要な移動手段として、市バス等の路線バスをもっと活用するなど、利便性の高い公共交通について考えます。
  2. 交通管理者や事業者、施設など業種間で異なる情報、不連続などを解消し、利用者目線からの情報提供や利用形態などについて考えます。
  3. クルマに依存しすぎた市民やクルマに依存せざるを得なかった郊外居住者などが「クルマに出来るだけ依存しない」ことに期待できるよう、生活や生産活動の質を下げない代替案について考えます。
  4. 地球環境やエネルギー問題はもちろん、生活利便性や市民の健康、経済性の面でも有効な移動手段として、自転車走行に必要な空間や走行ルールの遵守方法などについて考えます。
  5. 市中心部において安心して安全に買物や移動が出来るように、歩行者重視の道路網や空間配分、施設配置などについて考えます。


上記5つの方針を踏まえ、
①市中心部における「歩いて暮らせるまち」づくり
②自転車走行環境整備及びルールの普及
③路線バスに関する利便性向上
の3施策について提言します。









  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

PAGETOP
Copyright © たかつき交通まちづくり研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.